Posted on

海外で働きたい!英語での採用試験は大丈夫?

海外で働くのに必須な英語の履歴書と採用試験の対策

国際化が進む世の中だからこそ国内の企業に限らずに海外の企業に目を向けたいと考える人も多くなりました。外国人でも受け入れてくれる企業も増えているため、国内から応募して採用を勝ち取っている人も少なくないのが現状です。しかし、採用試験を受けるときには全て英語になるのが原則だということは知っておかなければなりません。現地の言語を要求されることもありますが、外国人を受け入れている企業の多くでは英語によるコミュニケーションを行っているので、採用関連の書類の準備も採用試験も全て英語というのが典型的です。そのため、英語で履歴書を書いたり、英語ベースの採用試験の対策をしたりする必要があります。

重要なのは履歴書よりも面接対策

実際に採用されるまでの道のりで困難になりやすいのが面接です。履歴書についてはフォーマットがあるので、辞書や参考書を片手に埋めていけば大きな問題はありません。職歴や学歴などが十分で英語に関する能力を示せる書類があれば書類は通過できる可能性があります。しかし、面接になるとぶっつけ本番の部分があるため、いかに綿密に対策をして履歴書を美しく仕上げたとしても面接の時点で不採用になる可能性があることは否めません。面接対策は回答文をある程度準備しておくのが必須ですが、合わせて行っておく必要があるのが典型的な質問を聞いてわかるようにしておくことです。ヒアリングが十分にできないとそもそも回答することができないので、例文を何度も聞いて耳を慣らしておきましょう。

英語圏で働くときに必ず必要になってくる「英文レジュメ」。日本と何が違うのかというと、性別や年齢、出身国など書く必要がないのです。学歴や職歴、自分の強みを箇条書きにて伝えることが重要になってきます。