Posted on

自信を持とう!英語を使った仕事にチャレンジ

英語を使った仕事のイメージは?

仕事で英語を使うとなると、どのようなイメージを持つでしょうか。上司や同僚は外国人、さらには取引先も外国人となれば、常に英語を使ったコミュニケーションとなるため、英語力が高くないと仕事をこなせないと不安に思っている人も多いはずです。しかしながら実際、仕事で英語を使っている人の多くは、最初から英語力が高い状態でその職に就いたというわけではありません。仕事を通じて英語力を高めていっている人も多いのです。自分の英語力に自信がないと、「英語ができるようになってから転職を考えよう」と弱気になって考えてしまいがちです。まずは自分の英語力を考える前に、機会があればどんどんチャンレンジしてみましょう。

まずはどこから始めてみよう?

英語を使った仕事に就くには、英語力ゼロでは厳しいかもしれません。まずは自分の英語力を着実に高めていく姿勢が大切です。英語力を客観的に測れるテストを受けてみましょう。日本人で英語を使って仕事をしている人と、今の自分の英語力を相対的にチェックして、あとどれくらいの努力が必要かどうかを見てみるのです。多くの日本人英語学習者が抱える悩みは、リーディングやライティングは時間があればこなせるものの、リスニングやスピーキングができない、という点です。思い当たる人も多いのではないでしょうか。リスニングやスピーキングは勉強半分、慣れも半分必要なスキルです。日本で長く過ごしているとなかなか慣れの部分が伸びにくいものです。試験の勉強や英会話教室を利用して英語に触れる時間を伸ばしましょう。

英語の転職を希望するなら、英検やTOEICなどの公式の英語検定の資格を取っておくことをおススメします。また、仕事にすぐに活かせるよう、英語で会話したりメールを書く習慣をつけておくと良いでしょう。