Posted on

非常勤で働こう!仕事の種類の違いを知るのが必須

病棟や外来の仕事は柔軟性が高いのが魅力

非常勤医師の求人として典型的なのが病棟や外来の仕事であり、様々な診療科目で病院やクリニックのいずれからも募集されています。全国的に医師の人材が不足していることから何とか潜在的に働ける医師に現場に出てきてもらおうという動きが強いのが現状です。そのため、このような求人では勤務条件の柔軟性が高いのが特徴であり、どのように働きたいかに応じて条件を選ぶことができるでしょう。勤務時間帯についても全日、半日、夜勤などを選べる状況があります。勤務日も週に二日や三日から働けるものが多く、シフト制を取っていることが多いのが特徴です。私生活との両立を図りつつリズムよく働けるようになりたいというときには病棟や外来の仕事を選ぶと良いでしょう。

健康診断の仕事は短期で働きやすい

病棟などで働く非常勤医師は基本的には通年で何年も働き続けるのを前提にして採用されることが多いでしょう。それに対して短期で働きやすいのが健康診断の仕事です。病院や健診期間などで働くことになり、通常は需要があったときに半日か一日の勤務を行うことになるのが特徴です。問診や検査が主な仕事になるルーチンワークになるので比較的やりやすいという面があります。また、時期的に年度の終わりや始め頃に仕事が多く、その時期だけ非常勤医師を追加募集することが多いでしょう。それを狙って求人に応募すると短期的に働きやすくなります。長期の採用をしてもらうことも可能であり、まとまった時間でルーチンワークで働きたい人に向いている仕事です。

医師の募集は全国にあるもので、勤務地も広い中から選べます。医療機関は全国各地にありますので、それだけ求人も見つけられます。