Posted on

実は悪印象?避けたほうがいい面接の受け答え2選

個性を出そうと思たらみんな同じだった

面接では自分をアピールするため皆精いっぱい考えてきます。しかし、そう簡単に周りよりも好印象も与える受け答えは出てきませんよね。そこで面接対策を行いテンプレートを頭に叩き込みます。しかし、いざ面接をしてみると皆同じような受け答えやアピールポイントを話すことが多く、面接官は「またか。」としか思いません。特に大学生によくある傾向で、就活支援サイトが面接対策を出すと思考停止に陥ってしまいます。
学生の本分は勉強であり、よほどのことがない限りどれだけ勉強を頑張ったかが評価されるのです。勿論明るくハキハキと話すことが大前提です。就職したらゴールではなく社会に出てからも学ぶことがたくさんあります。まじめに勉強した実績は大きな財産ですよ。

実は空回り?バイトリーダーやボランティア

学生時代に取り組んだことを面接で伝える時、よくあるのがバイトリーダーやボランティアです。普通に考えればどちらも素晴らしいことですし、社会に出たら役に立ちそうと思うかもしれませんが、いかんせん多すぎます。中には嘘をつく人もいるため、好印象を持ってくれる面接官は少ないといってもいいでしょう。特にニュースサイトや就活に関するコラムなどではあまり良く書かれていません。
実は就活に箔をつけようとボランティアを行っている人が多いため、就活支援サイトでは避けたほうがいいと書かれているほどです。またバイトリーダーもボランティアもやっていなくても、知識を身に着ければ簡単に嘘を本当にあったことのように話すことができます。
一番は清潔な格好で明るくありのままを話すことが好印象を与える近道ではないでしょうか。

新卒紹介を利用すると、若い世代の人材を確保出来ますので、これから会社を支えていく重要な人材を紹介してもらえます。