Posted on

働くならどこ?タイプ別向いている介護施設

介護の仕事は、ある意味人を選ぶ?

介護の仕事は、ある意味、人を選ぶ仕事です。入口は広いので仕事をはじめることは出来ますが、合わない人であればそのままずっと合わなかったりします。以下からどのような人がどのような形態の仕事が、どのようなタイプに向いているか説明したいと思います。

テンションの高い系の人に向いているのは?

デイサービスです。テンションが高い人にとって、一番向いているのはデイサービスです。デイで重要なのはレクリエーション。司会という仕事があります。これが合う合わないという部分で大きな割合を占めます。他の形態の施設と違って利用者の頭がクリアなので、面白さやそれなりのレベルのエンターテインメント性を求められます。やはり、テンションというのが重要で、もともと高い人であればそれがいかせます。天職に感じられると思います。

優しいタイプの人にむいているのは?

グループホームです。グループホームという形態は、職員の割合が高いです。また、元気な認知症の人割合も多いです。職員が多いので時間効率をどうするかというよりも、利用者と丁寧に向き合いうまくやっていけるかということが重要になってきます。優しい人ならば、その性格を仕事に活かせると思います。

コツコツタイプにむいているのは?

特養です。病態は安定していますが介護度面では重度な人が多いです。職員人数の割合も、他形態に比べて少ないので、作業量としては多くなります。そのなかで真面目にコツコツと仕事をこなしていける人が特養に向いています。

協調性調整能力が高いタイプの人が向いているのは?

老健施設です。老健施設は自宅リハ職や看護師などの他業種との連携が特に多くなりやすい形態です。このあたりをうまく調整できるかどうかが必要になってきます。内輪だけでなく、他業種との関係をうまく対応できる協調性調整能力の高いタイプは老健施設に向いています。

介護の求人に申し込むときには、実務経験の長さや資格の有無などに応じて就業先の候補を決めることが大事です。