Posted on

保育士になりたい!保育士になるための方法

保育士になるには~専門学校・短大・大学に通う

待機児童の増加に伴い、人手不足といわれている保育士。保育園の中でも補助の仕事であれば無資格で働くこともできますが、担任を持つ場合は資格が必要です。

保育士資格を取る方法の一つは、保育科のある短大や大学に通うことです。最終的に資格を取ることを目標としているため、幼児教育や保育に関したカリキュラムや実習がとても充実しているのが大きな特徴です。最短2年で保育士の資格を取ることが出来ます。

また最近では幼保一元化の流れも出てきたため、学校に通って資格を取る場合は保育士と同時に幼稚園教諭の資格を取っておくこともおすすめです。保育士は厚生労働省・幼稚園教諭は文部科学省の管轄のため、取得にはそれぞれ別の勉強や実習が必要となります。ですがほとんどの短大・大学ではどちらも取得できるようにカリキュラムを組んでいます。両方の資格を取得しておくことにより、幼稚園に保育所を併設することとなった際に役立てることが出来ます。

保育士になるには~通信講座などを利用する

保育士になるためには通信講座などを利用する方法もあります。こちらは通信講座が提供するテキストを使い、自分で勉強を進めることを主としています。内容としては学校に通うこととほとんど変わりはなく、保育士資格取得に決まった試験もありませんので、主婦の方などでも取得を目指すことが出来ます。実習も必要となりますが、通信講座は実習先の斡旋や申し込み方法などをカバーしてくれる場合が多く、どのように実習を進めるかのアドバイスもあります。子どもと関わる仕事をされたい方は、保育士資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

大都市圏では保育士不足が深刻な状況になっており、それらに関連した求人も多く見られます。保育士の求人を大阪で探すなら、求人サイトを利用して探すと、条件などを比較できるので探しやすくなっています。