Posted on

取得しておくと便利!介護に必要な資格アレコレ

ホームヘルパーの代わり・介護職員初任者研修

ホームヘルパー2級研修が廃止になったために導入されたのが「介護職員初任者研修」と呼ばれるものです。
これはこれから介護の仕事に就く人のための資格で、受講すればホームヘルパー2級と同じ扱いの資格として利用できます。働きながら受講でききるので、まず介護の仕事を検討している人が最初に取得しておくべき資格としておすすめです。

初任者研修の応用・実務者研修

初任者研修を修了した後に受講できるのが実務者研修で、初任者研修よりもより実践向けの内容を勉強できるところが魅力です。特に介護福祉士の資格を取得したいと考えている人には必須ですし、取得すればサービス責任者としてキャリアアップが目指せます。
その分取得するためには自宅学習だけではなく通信やスクールで勉強する時間を作る必要がありますし、仕事と両立するためにはある程度スケジュール調整をしておかないと難しいと言われています。それでも受講する人が増えている人気の資格として、介護業界では注目を集めている資格のひとつです。

国家資格の魅力・介護福祉士

介護福祉士は実務者研修を修了した人が受験できる介護関連の資格で、介護の資格の中で唯一の国家資格となっています。単純なスキルアップを目指せるだけではなく活躍できる介護の仕事の幅も広がりますし、資格手当てなど給与面での待遇も良くなるところが魅力です。

難易度は高いけれども魅力的なケアマネジャー

ケアマネジャー(介護支援専門員)は介護事業所と利用する高齢者の橋渡し的な役割を果たす資格で、ケアマネジメントを専門として仕事をします。主にケアプランの作成など事務的な仕事が多いので、年配になっても仕事を続けられるところが人気の秘訣です。

介護の求人を東京で申し込む際に、実務経験や資格の有無などが問われることもあり、各自のスキルに見合った仕事を探すことが重要です。