Posted on

隠れた穴場?仕事が合った人には好条件な工場の世界

同じ仕事をコツコツと続ける忍耐力

工場にバイトとして入職すると、製造スタッフに配属されるのが殆どです。先輩や責任者の方から仕事の仕方を教わり、一つの工程を担当します。大きな工場は細かく工程が分けられていますので、最初のうちは単純作業の繰り返しになります。もちろんプロですから時間当たりに作る個数を増やしていかなければなりませんが、ひとまず仕事を覚えた後は刺激の無い日々が続きます。(職場の雰囲気や厳しさにもよりますが)

ここで仕事に面白さを感じられれば適性があると言って良いでしょう。

戦力になり始めると良い部分が見えてきます

仕事にも慣れ、一定のポジションを築いてくると工場の良さを実感してきます。お客さんと接することもありませんし、重要な部分以外では仕事中にも別のことを考える余裕が出てきます。また幅広い心配りをする必要もありません。ただただ作業に徹して給料になるのです。工場は交代制勤務がきっちりと行われますので、バイトの場合は厳しい残業もありません。余暇を楽しむこともできますね。

上達と昇給が連動しないのが残念ですが…

効率良く仕事ができる人は同じ給料でより会社に貢献していることになりますが、昇給がそれに伴わないことが殆どです。しかしそこで手を抜くべきではありません。安定的に効率の良い仕事を続ければ時給が上がるかも知れませんし、正社員登用という大出世を果たす可能性もあります。一つの会社で定年まで働くことが当たり前でなくなったことは、中途採用の活発化を意味します。これまではチャンスが無かったケースでも社員登用される場合があるかも知れません。

三重の工場の求人は古くから工業地帯の広がっている四日市エリアで多く出ています。三重県南部で探すと見つかりやすいでしよう。